紫外線から肌を守る

アトピーの方は、肌のバリア機能が低く、乾燥している状態です。ですから、紫外線ケアも力を入れる必要があります。紫外線は、肌にダメージを与える原因になりますし、乾燥させてしまう原因にもなってしまうからです。日差しの強い夏はもちろん、それ以外の季節でも、気を付けるようにします。まずは、できるだけ肌を直射日光にあてないようにしましょう。日焼け止めアイテムを使うのも良いでしょう。但し、入浴する時はしっかりと日焼け止めクリーム等を洗い流すようにして、保湿を行ってください。

また、夏場はプールに入ることもあるかもしれません。アトピーの方は、プールから上がったら、良く体を洗うようにしてください。同じく、目や口なども塩素が残らないように洗うこと。体に塩素付着したままでいると、アトピーが悪化してしまいます。また、プールで泳ぐのは想像以上に体力を消耗します。泳いだ後はゆっくりと体を休めるようにしましょう。しっかりと睡眠を摂ることも大切です。

海に入ることももちろんできます。海水が肌を殺菌してくれるため、アトピーにはむしろ良いとも言われています。但し、泳いだ後は体をよく洗うようにしてください。紫外線対策もしましょう。

入浴時の注意点

肌を不潔なままにしておくと、アトピーを悪化させてしまったり痒みが増してしまいますので、いつでも清潔を心がけるようにしましょう。汗をたくさんかいた時は、そのまま放置していたりせず、すぐにタオルなどで優しく拭き取ってしまうか、シャワーで流すようにしてください。その際、石鹸やボディソープは不要です。

またお湯の温度は、あまり高くしないようにしてください。体が温まるとかゆみが強くなるからです。また、アトピーの方は肌のバリア機能が低下している状態です。石鹸を使いすぎると、皮脂を取り除いてしまうので注意が必要です。石鹸は、夜の入浴の際に一度だけで十分です。石鹸は、優しく洗えるコールドプロセスのものがお勧めです。ゴシゴシ洗ったりせず、たっぷりの泡で優しく洗ってあげてください。

入浴後は、すぐにしっかりと保湿するようにしましょう。体に用いる保湿剤は、グリセリンやアミノ酸などが入ったものがお勧めです。また、天然のセラミドやエラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸などが含まれているものも良いでしょう。たっぷりと使ってケアしましょう。洗顔後のスキンケアの際も、同じ成分が入っているものがお勧めなのですが、肌のバリア機能が低いので、添加物やアルコールが入っている物は避けた方が安心です。

関連HP~【公式】アトピーの娘を持つ母親が原料開発!保湿ケア化粧品【みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~アトケアタイプ~】