症状と原因について

アトピーはその状態によって症状が異なってきますが、肌に強い痒みが現れるなどの症状が多く、場合によっては痒くて眠れなくなってしまうこともありません。よく見られる症状は、丘疹(赤くてポッコリとした盛り上がり)や、赤く荒れあがる紅斑、皮膚がカサカサして落ちる鱗屑、赤くただれるびらんなどがあります。肌を触ってみると、かさつきが感じられたり、ごわつきが感じられたりします。また、痒みがあるため掻きむしり、血を流したり傷を作ってしまうこともよくあります。

アトピーになる原因は、はっきりとはまだ分かっていません。中には、遺伝的な場合もあるのですが、親がアトピーの場合子供が必ずアトピーになるというわけではありません。また、反対に親がアトピーでなくても、子供がアトピーになることもあります。

このように原因はまだ分かっていないのですが、悪化させてしまう原因は分かっています。一つは、食べ物による影響です。アレルギーになっている食べ物を早めに見つけ、避けるように注意することも必要です。また、部屋など環境を徹底的に清潔にすることも大切。ダニやほこりなどのハウスダストもアトピーの原因になりますので注意してください。シーツやまくらカバーをはじめ、布団やマットなども清潔を心がけてください。

アトピーケア

アトピーでお悩みの方は子供だけではありません。大人でもアトピーでお悩みの方は少なくありません。子供時代にアトピ一であっても、成長と共に改善される方も多いのですが、大人になってからまた再発する方もいます。般的な方よりも、皮脂や肌の水分が少なく乾燥しているのが特徴。肌のバリア機能が低いといったことも特徴です。アトピーが軽い場合は、生活の中で注意したり体調を整えることで状態が良くなることもあります。しかし、それ以上になってくると肉体的も精神的にも大きな負担を感じるようになります。見た目にもその影響は見られますし、痒くて肌を掻きむしり気づ付けてしまうことも増えます。更に悪化させてしまうと、ごく普通の生活もままならないほど影響が出てきます。

アトピーを改善する為には、清潔を保つ工夫をしたり、疲れやストレスを溜めないような生活を送る必要もあります。部屋の掃除は念入りにしましょう。風通しを良くしたり、寝具の清潔も大切。洗濯する時は、しっかりとすすぐようにしましょう。また、食べ物にも注意が必要になってきますし、下着や衣類選びなども注意が必要となってきます。

保湿にも、力を入れることが求められます。特に乾燥しやすいアトピー患者は、スキンケアに力を入れていかなければなりません。季節を問わず、丁寧にするようにしてください。ここでは、アトピーについて紹介します。最近は、大人のアトピーも増えているとのこと。是非、参考にしてみてください。